グレーゾーン金利

総量規制を含む改正貸金業法では、
金利の適正化ということで、以前はごく一般的に適用されていたグレーゾーン金利が撤廃されています。
また、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

グレーゾーン金利は、
利息制限法で定められた上限金利を超えているが
出資法で定められた上限金利は超えない領域の金利帯で設定された金利です。

消費者金融の多くで適用されていたシステムで、かなりの高金利で貸付が行われていました。
過去にこのグレーゾーン金利を適用した貸付を受けていた場合、
違法とみなされる金利分にあたる返済金は
過払い金として返還請求することが可能となっています。
すでに完済していても完済後10年経過していなければ返還請求の対象となります。

改正貸金業法以前から返済を続けている借入について、
支払いの義務がない過払い分をチェックしてみると
返済の負担が今より小さくなる可能性があります。

過払い金は借り換えの際にも重要になってきます。
無料相談を行っている自治体や法律事務所もありますので
アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方