総量規制

2010年6月に総量規制が施行され、
個人が消費者金融会社や信販会社といった貸金業者から借り入れることのできる金額に
制限がつけられるようになりました。

総借入残高が年収等の3分の1を超える場合、新たな借入はできなくなっています。

キャッシングを扱う会社の多くは総量規制の対象となっていますので、
以前のように気軽にキャッシングを利用することがむずかしい状況になっています。
借入総額によっては
契約時に源泉徴収票などの収入証明書を提出するよう求められる場合があります。
なかにはこうした手続きをわずらわしく思う方もいらっしゃるでしょう。

借入残高を減らしておかないと
新たにお金を借りる必要が出てきたときにも借入をすることができません。
総量規制施行の時点ですでに総量規制に抵触している方も多いようです。
総量規制には例外・除外の規定が設けられていますので
医療費など緊急の場合は年収等の3分の1を超える新規借り入れが認められることもありますが、
やはり総量規制の対象となっている借入残高は
できるだけ減らしておくことを考えたほうが良いでしょう。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方