審査項目

カードローンを申し込む際にさまざまな個人データを申告します。

どこで審査を受けても基本的な項目に大差はありません。

申込者本人の情報として、
氏名・生年月日・住所・電話番号・家族構成といった項目があります。
また、居住環境についても
持ち家かどうか、誰の名義か、住宅ローンの有無などを申告します。

申込者の職業や勤務先に関する情報、勤続年数、年収、役職等を申告します。

他社での借入件数も審査に必要な項目です。

これ以外に金融事故などの履歴が信用調査機関に照会され、
すべてのデータを検討して審査結果が出されます。

審査結果にマイナスになりそうだからといって事実とは異なる情報を提出しても
虚偽の申請ということはわかってしまいますし、信用度の評価が落ちますので、
事実をそのまま申告しましょう。

なお、自宅や勤務先に申告内容の通りに在籍しているかどうか確認するために
それぞれ連絡が入ります。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方